日曜土木検史郎参上

 生活する上で知って得する日曜土木です。

 ブログを用いたアフィリエイトサイトです。
樹木単価(建設物価版・積算資料)
1.樹木単価(建設物価版・積算資料)の概要

街路樹・公園・庭木等に用いられる樹木の単価を

建設物価版と積算資料をもとに入れて見ました。

木の値段だけです。

これに、木を植えるための労務費が必要です。

平成24年3月単価です。

あくまでも、参考にして下さい。

木の金額


2.まとめ

公園・街路樹等の設計に使用する樹木は、物価版・積算資料(本屋に売っています)に

掲載されている樹木を選定することが重要です。

物価版・積算資料に掲載されていない樹木については、見積書を依頼することに

なります。

| - | 00:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
植裁の分類(公園・街路・庭木等)
1.植裁の分類(公園・街路・庭木等)概要

公園・街路樹・庭木等において、基本的な植裁の分類説明を

植裁基盤整備技術マニュアルより抜粋しましたので

ご覧ください。


植裁分類


2.まとめ

日曜土木の造園の手入れを行う時に、分類を調べて

客土等を用いる時の参考にしてください。
| - | 20:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
庭木支柱
1.庭木支柱の概要

日曜土木において、家の庭木を買ってきた場合に、支柱を取り付けなければならない。

そこで、今日は、苗木を補佐するための支柱の図を作成したので、掲載しまた。

低木、中木、高木や木の種類によっても違いますので、あくまでも参考として

ご覧下さい。


竹1本


三本支柱


ニ脚支柱


三脚支柱


2.まとめ

公園、街路樹を参考にして、木の種類を考えて下さい。

目隠し用の木、排気ガスに強い木、季節を感じさせる木等さまざまな用途があります。

庭の木を眺めて、御茶にするのも楽しいと思います。
| - | 19:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
区画割平面図(雨水)
1.区画割平面図(雨水)概要

雨水の流出量を算定するために、区画割平面図(雨水)を作成する。

雨水の量を算定する順番は、以下の通りです。

1.現場踏査して、地形を見ながら、雨の流れるルートを把握する。

2.この時に、水の流れる境界線(流域)を地形図に書き込む。

3.流末の既設管を探す。(断面図を計測する)

4.区画割平面図を作成する。

5.流量計算を作成する。

下水道(雨水)の流量計算までの過程は、以上の5点です。

区画割平面図を以下に添付する。

また、地形が大きくなるので、1部分を添付した。

区画割平面図

2.まとめ

区画割平面図は、下水管、側溝、排水路等の土木にかんする流量計算の算定を

行うための基本的事項です。

土木の水の量を算定するのに、重要な図面です。
| - | 21:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
調整池(貯留管・浸透池)
1.調整池(貯留管・浸透池)の概要

調整池(貯留管・浸透池)を設計する為の計算式です。

この計算書は、浸透池の大きさを計算した資料です。

目的は、山を削り、採石場にした場合に起きる水の処理です。

当然、開発行為を管轄する官公庁の指導により、ため池(浸透池)を造ることに

なります。

どのくらいの大きさが必要か計算しました。

それでは、参考資料として、ご覧下さい。

池1

池2

2.まとめ

 この計算書は、浸透池を計算した資料ですが、調整池、貯留管容量計算も同じ計算に

 なりますので、公共事業の設計にも活用できます。

 許容浸透量の代わりに、許容放流量に修正すれば、調整池、貯留管容量の計算書になります。

 雨水調節容量 7715m3(計算書より)の時の浸透池の大きさは

 長さ100m、幅10mとすれば

 水深=7715m3÷100m÷10m

   =7.7mとなります。
 
 あくまでも、参考資料として、ご覧下さい。

 
| - | 18:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
雨水流出量計算式(10年確立)
1.雨水流出量計算式(10年確立)の概要

 前回は、雨水流量表(流量計算書)10年確立でした。

 今回は、前回の計算根拠になる計算式です。

 雨水流出量計算式(10年確立)です。

 簡単に述べますと、雨の降る量を算出するのです。

 流量計算式

2.まとめ

 雨の降る量がわかりますと、民間事業の開発行為にも関係してきます。

 例えば、民間開発行為において、砂及び砕石状を掘削する場合、調整池、浸透桝等を

 設計するように、官公庁より指導します。

 採掘現場では、排水設備が完備していませんので、調整池、浸透桝等を造ることになります。

 その時に、どうしても必要計算が、雨の降る量です。

 あくまでも参考資料として、ご覧下さい。
| - | 20:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
雨水流量表(流量計算書)10年確率
1.雨水流量表(流量計算書)10年確率の概要

雨水流量表(流量計算書)10年確率です。

1時間の雨量は、53.4mm/hrです。

あくまでも参考資料として、ご覧ください。

一般的には、5年確率です。

5年確率の場合は、1時間の雨量は、50mm/hrです。

流量計算


2.まとめ

雨の降る量を計算した表です。

流量計算書又は、流量表と呼んでいます。

雨の降る量を計算して、浸水しない断面の管径を決めるのです。

この流量計算により、計画断面が決定し、工事となります。
| - | 01:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
散水栓用給水管詳細図
1.散水栓用給水管詳細図概要

散水栓用給水管詳細図です。

本管より、取り出して、公園等に水道を設置する為の図です。

取り出し管の管経により、使用料金が違いますので、料金の検討が

必要です。

あくまでも、参考資料として、ご覧ください。

散水栓

2.まとめ

本管から、公園、公益用地、家などに供給している給水管の図です。

水の供給ルートがわかると思います。

雰囲気、感じが分かれば幸いです。

今年は、大変お世話になりました。

来年も宜しくお願い申し上げます。

また、来年は、皆様方にとって、良き年になるように、お祈り申し上げます。
| - | 21:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
水道管配管詳細図(NS管)
1.水道管配管詳細図(NS管)概要

家に来る水道管の配管詳細図です。

道路に布設されている本管です。

この本管から給水を取り出します。

この水道管は、地震に強いNS管です。

あくまでも参考としてご覧下さい。

配管詳細図

2.まとめ

水道管の管割り図です。

設計図が出来たら、工事屋さんに発注して、工事を行います。

あくまでも参考としてご覧下さい。
| - | 17:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
浸透桝構造図
1.浸透桝構造図概要

最近では、雨の量が多く、雨水に悩まされることがあります。

浸水被害や冠水被害が頻繁に起きるようになりました。

この資料は、下水道設計(雨水)に於いて、浸水被害を起きているところに使用した

設計図です。

あくまでも、参考資料として、ご覧下さい。

水を道路の既設街渠桝から新設浸透桝につないで、地下に落とす構造です。

砕石でろ過するような感じです。

浸透桝1

浸透桝2


2.まとめ 
 
 土が粘土質の場合には、水はけが悪いので、地下に砕石を敷いて

 勾配を持たせて、下流に向かっていくようにすれば良いと思います。

 上部は、砂で下部は砕石を敷けば、水の通り道が出来ますのでバッチリです。

水のこと 参照下さい(庭の水はけ退治)
| - | 19:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
■Search this site.
■SPONSORED LINKS
■SELECTED ENTRIES
■ARCHIVES
■RECOMMEND
■RECOMMEND
■RECOMMEND
■MOBILE
qrcode
■LINKS
■PROFILE
■Amazon
■Ads by Google
■検索エンジン
■Ads by Google
■Ads by Google
■OTHERS
<<new | 2 / 10pages | old>>