日曜土木検史郎参上

 生活する上で知って得する日曜土木です。

 ブログを用いたアフィリエイトサイトです。
<< あなたの「2007年流行語大賞」なんですか〜? | main | がけについて >>
法面勾配について
 1)概要

土木においては、急勾配の決めごとがあります。(石積・法面等)

  垂直の1mが基準です。

  下記の絵を参考に説明致します。

  底辺1.5mは1割5分の勾配と呼びます。

  法面部は1:1.5の勾配と呼びます。

  例えば2mの高さで1割5分の法面を作るには、1.5m×2m=3.0mの

  幅になります。

  常に作りたい勾配に基本の高さをかければ法幅が出ます。

  法面の角度は33度41分24秒と読みます。

 2)まとめ

  土木一般では、土を埋める場合(盛土)は、1:1.5の勾配です。

  また、切土の場合1:1.0(角度45度)になります。

  この勾配等の考え方は、宅地造成等規制法によります。

  
法面 


  がけについて 参照

 斜比の活用(法面・石積・平面距離)参照
| - | 18:57 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://doboko.jugem.jp/trackback/10
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
■Search this site.
■SPONSORED LINKS
■SELECTED ENTRIES
■ARCHIVES
■RECOMMEND
■RECOMMEND
■RECOMMEND
■MOBILE
qrcode
■LINKS
■PROFILE
■Amazon
■Ads by Google
■検索エンジン
■Ads by Google
■Ads by Google
■OTHERS
<<new |  / pages | old>>